Epistula ad mē

美というものは、芸術と人間の霊魂の問題である

ベートーヴェン『弦楽四重奏曲第14番、第15番』


www.youtube.com


www.youtube.com

 

ベートーヴェンの後期のカルテットを聴きたくなった。
何故ベートーヴェンは偉大か?第九を書き上げた後にも、文字通り「創作」を続けたからである。

 

第14番は嬰ハ短調で7つの楽章、第15番はイ短調で5つの楽章により成立つ。それぞれ1826年、1825年の作曲。

第14番終楽章の抑揚に対して、私の心は沈痛な歓びを覚える。
第14番は好きだから、色々聴き比べてるけれども、ここに載せたアルバン・ベルク弦楽四重奏団の演奏は、かなり完成度が高いとおもう。