Epistula ad mē

美というものは、芸術と人間の霊魂の問題である

2022-01-08から1日間の記事一覧

ベートーヴェン『弦楽四重奏曲第14番、第15番』

www.youtube.com www.youtube.com ベートーヴェンの後期のカルテットを聴きたくなった。何故ベートーヴェンは偉大か?第九を書き上げた後にも、文字通り「創作」を続けたからである。 第14番は嬰ハ短調で7つの楽章、第15番はイ短調で5つの楽章により成立つ。…

谷崎潤一郎『少将滋幹の母』1950

うつつにて誰ちぎりけむ定めなき夢路にまよふ我は我かは 若妻を奪われた老翁と、母を奪われた子の話。古典からの引用と、谷崎の創作とが巧に織り交ぜられ、ひとりの美くしき女性を巡る艶めかしい物語に仕上っている。谷崎の深い学識に感嘆させられる。