Epistula ad mē

美というものは、芸術と人間の霊魂の問題である

「昔、アイゼナハの宮廷に(Il était une fois à la cour d’Eisenach)」『ホフマン物語(Les Contes d'Hoffmann)』より


www.youtube.com

貴重なフランスオペラの一作、『ホフマン物語(Les Contes d'Hoffmann)』。
第一幕のアリア「昔、アイゼナハの宮廷に(Il était une fois à la cour d’Eisenach)」。ちなみに歌詞にあるアイゼナハとは独逸中央部の都市で、J.S.バッハの生まれた土地。フランス語読みするなら「アイゼナック」。

 

 

HOFFMANN
Il était une fois à la cour d’Eisenach!
昔、アイゼナハの宮廷に

ÉTUDIANTS
À la cour d’Eisenach!
アイゼナハの宮廷に

HOFFMANN
Un petit avorton qui se nommait Kleinzach!
クラインザックという名のチビがいたのさ

ÉTUDIANTS
Qui se nommait Kleinzach!
クラインザックという名の

HOFFMANN
Il était coiffé d’un colback,
彼は毛皮の帽子を被っていて
Et ses jambes, ses jambes faisaient clic clac!
その両脚は鳴るときた、クリッククラックと
clic clac! clic clac!
クリッククラック
Voilà, voilà Kleinzach!
ほら、ほらクラインザックさ

TOUS
Cric crac! cric crac!
クリッククラック
Voilà, voilà Kleinzach!
ほら、ほらクラインザックさ

 

HOFFMANN
Il avait une bosse en guise d’estomac
彼はお腹みたいなコブを持っていた

TOUS
En guise d’estomac
お腹みたいな

HOFFMANN
Ses pieds ramifiés semblaient sortir d’un sac
枝分かれした足は、袋から出ているかのようで

ÉTUDIANTS
Semblaient sortir d’un sac!
袋から出ているかのよう

HOFFMANN
Son nez était noir de tabac,
彼の鼻は煙草で真っ黒
Et sa tête, sa tête faisait cric crac!
そして頭は鳴るときた、クリッククラックと
cric crac! cric crac!
クリッククラック
Voilà, voilà Kleinzach!
ほら、ほらクラインザックさ

TOUS
Cric crac! cric crac!
クリッククラック
Voilà, voilà Kleinzach!
ほら、ほらクラインザックさ

 

HOFFMANN
Quant aux traits, aux traits de sa figure…
彼の顔の特徴はというと

ÉTUDIANTS
Quant aux traits de sa figure…
彼の顔の特徴はというと

HOFFMANN
Quant aux traits, aux traits de sa figure…
…彼女の顔の特徴は
Ah! sa figure était charmante!
ああ、彼女の顔は魅力的であった
Je la vois, belle, belle comme le jour
私にはみえる、あの美しさ、あの日のような
où, courant après elle,
彼女の後を追って
Je quittai comme un fou la maison paternelle
私は愚か者のように父の屋敷を飛び出した
Et m’enfuis à travers les vallons et les bois!
そして谷や森を駆け抜けたのだ
Ses cheveux,s es cheveux en torsades sombres
彼女の髪は黒く波打ち
Sur son col élégant jetaient leurs chaudes ombres,
彼女の優美な首筋の上に熱い影をかけた
Ses yeux, ses yeux, enveloppés d’azur
彼女の瞳は紺碧に包まれ
Promenaient autour d’elle un regard frais et pur,
周りに爽やかで純粋なまなざしを注いでいた
Et comme notre char emportait sans secousse nos coeurs et nos amours.
馬車が心と愛とを、音もなく過ぎ去るように
Sa voix vibrante et douce
彼女の声は感動的で甘く
Aux cieux qui l’écoutaient
耳を傾ける空に向かって
Jetait ce chant vainqueur,
勝利の歌を捧げた
Dont l’éternel écho
その永遠に続く木霊は
résonne dans mon coeur!
今も私の心の中に響いている

 

NATHANAËL
O bizarre cervelle!
可笑しな人だな
Qui diable peints-tu là? Kleinzach?
一体誰の話をしているのさ、クラインザックのことかい

HOFFMANN
Kleinzach? Je parlé d’elle!
クラインザック? 私は彼女のことを話しているのだ

NATHANAËL
Qui?
誰の?

HOFFMANN
Non! personne! rien!
いや、誰でも、何でもないのだ
Mon esprit se troublait! rien!
少し頭が混乱していたのさ、何でもない
Et Kleinzach vaut mieux
クラインザックの話の方がましだな
Tout difforme qu’il est!
彼が不格好な奴だとしてもだ

 

HOFFMANN
Quand il avait trop bu de genièvre ou de rack,
彼がジンやコニャックに酔い痴れていた時は

ÉTUDIANTS
De genièvre ou de rack,
ジンやコニャックに

HOFFMANN
Il fallait voir flotter les deux pans de son frac,
彼のテールコートの両裾は浮かんでいるようだった

ÉTUDIANTS
Les deux pans de son frac,
彼のテールコートの両裾は

HOFFMANN
Comme des herbes dans un lac
湖の中の水草のように
Et le monstre, le monstre faisait flic flac!
そしてその怪物は、フリックフラックと音を立てたのさ
flic flac! flic flac!
フリックフラック
Voilà, voilà Kleinzach!
ほら、ほらクラインザックさ

TOUS
flic flac! flic flac!
フリックフラック
Voilà, voilà Kleinzach!
ほら、ほらクラインザックさ