Epistula ad mē

美というものは、芸術と人間の霊魂の問題である

2020-12-18から1日間の記事一覧

『ローラーとバイオリン(Каток и скрипка)』1960

卒業制作として作られた、アンドレイ・タルコフスキーの最初期の短編映画。スチームローラーに乗る労働者の青年セルゲイと音楽学校に通う少年サーシャとの交流が描かれる。 無調性の20世紀音楽と、水や鏡を用いた抽象的な表現とが相俟って不穏な印象を与えら…

フランシス・レイ『今日は君が(Aujourd'hui, c'est toi)』

~ AUJOURD`HUI C`EST TOI ~ Francis Lai 映画『男と女(un homme et une femme)』の挿入歌。フランシス・レイ(Franis Lai)の作曲。彼はルルーシュと組んで多くの映画音楽を遺した。軽快で洗練されたパリを想像させるメロディーが特徴。 Toi et moi,君と僕、 n…