Epistula ad mē

「美」というものは、藝術と人間の霊魂の問題である

ポオ『リジイア(Ligeia)』1838

人もその繊弱い意志の甲斐なさによらぬかぎりは、天使にも将た死にも、屈従しおわるものではない

最愛の、そして今は亡き妻リジイアを想う男。彼の意志が、喪われた恋人を幽世から呼戻す。

『ヴェラ』を書いたリラダンが、本作を参考にしたことは疑いようがないだろう。恋人の死の状況を描く両者の筋書きは殆ど同じだ。

『ヴェラ』と『リジイア』の違い。前者は、意志の輝かしき昂揚を謳っているのに対し、後者は、ぞっとするような怕しさが全体を支配する。デ・ゼッサントの言葉を借りれば、ヴェラは「ほとんど天上的とも言える穏やかな流麗な幻影」であるのに対し、リジイアは「陰鬱な蜃気楼」である。