Epistula ad mē

美というものは、芸術と人間の霊魂の問題である

2021-10-05から1日間の記事一覧

ポオ『リジイア(Ligeia)』1838

人もその繊弱い意志の甲斐なさによらぬかぎりは、天使にも将た死にも、屈従しおわるものではない 最愛の、そして今は亡き妻リジイアを想う男。彼の意志が、喪われた恋人を幽世から呼戻す。 『ヴェラ』を書いたリラダンが、本作を参考にしたことは疑いようが…

リラダン『新残酷物語(Nouveaux Contes Cruels)』1888

レミ・ド・グールモンが指摘するように、ヴィリエ作品は夢と諷刺の両者から成立っている。『新残酷物語』(1888)は『残酷物語』(1883)に続き、こうしたヴィリエの二面性が交互に愉しめる短篇集。 『寄宿舎友達』諷刺。近代社会の道徳顚倒、拝金主義。『希望に…