Epistula ad mē

美というものは、芸術と人間の霊魂の問題である

2020.07.12 日記

隣のご隠居さんから想い出話を聞いた。僕についてだ。

クリスマスが近づく頃、僕が庭で声を出し、祈っているのを見たという。
「神様、クリスマスには黒い猫を届けてください」と。

 

無論僕自身は覚えていない。果たして猫など欲しがっただろうか。
ご隠居さんは今でも僕をみるたび、その情景を想い出すという。ご隠居さんにとって「僕」は「猫を欲しがる無垢な少年」の姿で記憶されているのだ。人の主観なんてものが、いかに現実から離れているか。