Epistula ad mē

美というものは、芸術と人間の霊魂の問題である

イングランド民謡『羊を探して(Searching for Lambs)』


Maggie Boyle 'Searching For Lambs' VRC0128

"Searching for Lambs"はイングランドの民謡。牧歌的な響きが特徴的。
この曲は1916年に出版された "One hundred English folksongs"に集録されている。編集者はセシル・ジェームズ・シャープ(Cecil James Sharp)、イングランドにおける民謡復興の父だ。

 

As I went out one May morning,
とある5月の朝に僕は出かけた
One May morning betime,
まさしく5月の朝に
I met a maid, from home had stray'd
そこで僕は独りさすらう少女と出会う
Just as the sun did shine.
太陽のように彼女は輝いていた

What makes you rise so soon, my dear,
何がきみを急がせるのか、愛しい人
Your journey to pursue?
君の追い求める旅だろうか
Your pretty little feet they tread so sweet,
可愛らしく地を踏む、きみの小さな足が、
Strike off the morning dew.
朝の露を払う

I'm going to feed my father's flock,
僕は父の羊の群れに餌をやりに行くよ
His young and tender lambs
わかく、かよわい羊たちだ
That over hills and over dales
あそこの丘と谷のあたりで
Lie waiting for their dams.
横になり、彼らの母を待っているんだ

O stay! O stay! you handsome maid,
待っておくれ、素敵なお嬢さん
And rest a moment here,
もう少しここで休んでおいで
For there is none but you alone,
きみ以外に何もないのだ
That I do love so dear.
僕が深く愛するものは

How gloriously the sun doth shine,
なんと壮麗に太陽は輝き
How pleasant is the air,
空気は気持ち良いのだろう
I'd rather rest on my true love's breast
僕は真に愛する人の胸で休みたい
Than any other where.
他のどんな場所よりも

For I am thine and thou art mine;
僕はきみのもので、きみは僕のものだ
No man shall uncomfort thee;
何者もきみを心配させはしない
We'll join our hands in wedded bands
僕たちは指輪をした手をとりあって、
And married we will be.
結婚するのだから