Epistula ad mē

美というものは、芸術と人間の霊魂の問題である

「Roses are red」『マザーグース』より2

エドマンド・スペンサー(Edmund Spenser)の詩を、現在私たちがよく知る形に近づけたのはジョセフ・リトソン(Joseph Ritson)だと先日述べた。彼が遺した童謡集、『ガートンおばあさんの花環(Gammer Gurton's Garland)』1784から、その一節をみてみよう。

 

The rose is red, the violet's blue,

The honey's sweet, and so are you.

Thou art my love and I am thine;

I drew thee to my Valentine:

The lot was cast and then I drew,

And Fortune said it shou'd be you.

 

バラは赤く、スミレは青い

蜂蜜は甘く、そしてあなたも

あなたは私の愛しい人、そして私はあなたのもの

バレンタインの日、用意されたくじの中から

私はあなたを引き当てた

運命があなたを指名したのだ

 

バレンタインデーに『Roses are red』を謳う風習は、ここに始まったのであろう。
やがて『ガートンおばあさんの花環』は『マザーグース』に組入れられ、現在「Roses are red」は『マザーグース』を代表する歌の1つとなっている。

 

 ところで今日は最愛の人の誕生日である。
 もう会うことはないだろう。神さま、祝福してください。