Epistula ad mē

美というものは、芸術と人間の霊魂の問題である

『地獄に堕ちた勇者ども(The damned)』1969

ルキノ・ヴィスコンティ監督作。

製鉄一族である男爵家。当主が殺害されequibiliumの崩れた一家の、醜い権力闘争を描く。デカダンな風俗描写がその醜さを際立たせるが、この至高の腐敗に、美を見出す人もいるのだろう。渋澤龍彦氏あたりは歓びそうだ。

私が思うにこの映画は、ヴィスコンティが、ヘルムート・バーガーにSSの軍服を着せたいが為に制作されたのだ。

 

艀(はしけ) 重い貨物を運ぶ平底の船舶
闡明(せんめい) はっきりとあらわすこと
勒する(ろくする) 統御する
曙光(しょこう) 夜明けに東の空にさしてくる太陽の光
瀟洒(しょうしゃ) 俗っぽくなく洒落ているさま
陋巷(ろうこう) 狭くむさくるしい町
縊死(いし)
秋霜烈日(しゅうそうれつじつ) 厳格な刑罰をたとえる
火箭(かせん) 火矢のこと
atone 償う
depravity 堕落
incinerator 焼却炉
vandalize 故意に破壊する
group photo 集合写真
gawk 頓馬
sophomore 2年生(米)
intestinal perforation 腸穿孔
reparation 賠償
loose end 未決事項
defile 汚す
open book 何の秘密も持たない人
秋闌ける(あきたける) 冬に移ろうとする時期
far-fetched 飛躍した論理
rapport 良い関係を築くこと(仏)