Epistula ad mē

美というものは、芸術と人間の霊魂の問題である

2021.11.22日記

東山を北から南へ、法然院から南禅寺まで。雨であったのが却って良かった。静かな午前、散歩を心置きなく愉しめた。順正で昼餉。向いの席には日本髪をしたうら若き4人の娘。舞妓さんだろうか?その装いの趣味の良さ(安着物の観光客とは好個の対照!)と、立居振舞いの見事さは、日本舞踊を嗜んでいる人のそれであった。何とも「美くしかった」。私が「美くしい」という言葉を用いる対象は、芸術と霊魂に限られている。つまるところ、彼女らは芸術的であった。

 

美くしさに心を動かされるとは、ふと目を閉じ、この世界を創造し給うた主に感謝を捧げたくなる気持を抱くこと。全く京都に居る時に限って、この感覚に浸ることができる。