Epistula ad mē

美というものは、芸術と人間の霊魂の問題である

セシェ, ベルトゥ『ボードレールの生涯(La vie anecdotique et pittoresque de Charles Baudelaire)』1925

アルフォンス・セシェ(Alphonse Séché) とジュル・ベルトゥ(Jules Bertaut)の共著に成る。近代の霊魂の癒し得ぬ悲痛を詠んだ詩人、ボードレールの伝記。
原著の初版は1925年頃であり、その後の研究から訂正されるべき箇所も多く在るだろうが、ボードレールが生きた世紀の雰囲気を、まるで物語のように愉しめる為、一読の価値はあると思う。痛快なミスティフィカシオン〈韜晦〉、ダンディスムとボヘミアニスム、そして晩年の屈辱的な赤貧、病苦、すべてが描かれている。

 

【引用】

ダンディ(Dandy: 典雅風流の審判者)について

ダンディは、常住不断に崇高ならんことを欣求しなければならぬ。ダンディは鏡の前で生き、かつ、眠らなければならぬ。

 

自分の幸福の使ひ途を知らない、少数の教養ある若い人、富裕で家族のゐない人を除けば、人生は永劫の苦悩である筈だ

 

私が、共和主義に賛同するときは、悪と知りつつ悪を為すのだ。私はいふ、革命万歳。これはかういう意味だ、破壊万歳、天罰万歳、死万歳

 

ダンディの女性観

蕩児は情人になるが詩人は偶像崇拝者になります。

女性を勝手に理想化して偶像と成し神の如く崇め尊ぶのは、ダンディの一習性だろうか? ドールヴィイ然りリラダン然り。情熱が消えた時、ダンディはもはや女性に対して侮蔑と、殆ど嫌悪の情しか感じない。