Epistula ad mē

美というものは、芸術と人間の霊魂の問題である

リラダン『トリビュラ・ボノメ(Tribulat Bonhomet)』1887

信仰の思想を凌駕せるは猶思想の本能を凌駕せるがごとし
                     -スウェーデンボルグ

東京創元社より斎藤磯雄氏の翻譯で。
トリュビラ・ボノメ博士。その心は実用主義、折衷主義、進歩主義で芸術家嫌悪。「白鳥を殺す輩」。そうしたボノメが、不滅の霊魂に関心を寄せるクレエル・ルノワールとの交流を通して「神秘」に遭遇。クレエルは死を以て「彼岸」の存在を証しする。

ヴィリエは自身が軽蔑する人種の代表としてボノメを、ヘーゲル流の観念論者としてルノワールを、信仰の代表としてクレエルを置いた。この三者による深遠な議論。むつかしいが(私自身、十分に読めていると思わない)、要するに『信仰>思想>本能』という絶対的テーゼの証明である。

 

全くですね!その神聖なる常識の前に頭を下げませうよ。世紀の変るごとに常に意見を変へ、その本領たるや、生れつき、霊魂といふ名をさへも憎悪するところにある、その「常識」の前にね。

 

選擇しなければならないのですから最善のものを擇びませう。そして「信仰」があらゆる現実の唯一の基礎であります以上、神を擇びませう、「学問」がその流儀でこのやうな現象の諸々の法則をわたくしに説明しても無益でございませう、依然としてわたくしは、その現象の中に、唯わたくしの魂を向上せしめ得るものをのみ観、魂を低下せしめ得るものを見ないでせうから。

 

クレエルの知性は、深い、澄みきつた鏡であつて、そこには唯崇高な真理しか映らない、讃歎すべき彼女のひととなりを永久に愛するのは私の誇りだ。

 

「汝はおのれを何者と信ずるのか」

「現代精神にひそむ下心のつもりでございます。」