Epistula ad mē

「それでは、ディレッタントであることを鼻に掛けている連中は、かえって三文文士だと告白しているようなものなのだね」

2021.03.10日記

 四条大宮から嵐電に乗り、太秦広隆寺で降りる。拝観したかったが、門は締められていた。夜も更ける時間であった。北に向かう。山陰本線の高架下を潜って妙心寺まで来た。『金閣寺』に描かれる山門(三門)をみたかったからである。境内は静かで鐘の音だけが荘厳に響く。心地がよい。

 その後また嵐電に乗り、何を思ったか嵐山まで遠征した。渡月橋周辺を歩いた。油断をすると「どう死のうか」ということばかりが頭を過る。

 法輪寺の門を潜り石段を登った。本堂の前に2本の櫻が植えられている、それが満開であった。しばし一人で眺むる。この寺はいつも僕を慰めてくれる。

 

f:id:ledilettante:20210310235405j:plain