Epistula ad mē

美というものは、芸術と人間の霊魂の問題である

フォーレ『夢のあとで(Après un rêve)』op.7-1


Fauré: Après un rêve, Op. 7, No. 1 (Arr. Viola & Piano)

 『3つの歌』op.7の第1曲。フォーレの歌曲中最も有名なのではないか。
 歌曲としてのみならずチェロの独奏版としても有名。だが私はヴィオラの独奏をおすすめしたい。
 

3 Songs, Op. 7: No. 1, Après un rêve, "Dans un sommeil que charmait ton image" (Andantino)

 僕はこの詩が好きだ。悲恋を経験した人間にやさしい歌だ。

Dans un sommeil que charmait ton image
Je révais le bonheur, ardent mirage,
Tes yeux étaient plus doux, ta voix pure et sonore,
Tu rayonnais comme un ciel éclairé par l'aurore;

君の姿に魅せられた眠りの中で
僕は幸福を夢見ていた、熱烈な幻影を、
君の瞳は優しく、君の声は清らかに響き、
君は黎明に照らされる空のように輝いていた。

 

Tu m'appelais et je quittais la terre
Pour m'enfuir avec toi vers la lumière,
Les cieux pour nous entr'ouvraient leurs nues,
Splendeurs inconnues,lueurs divines entrevues.
君が僕を呼び、僕は地上を離れる
光に向かって君と飛立つため。
天は僕らのために雲をひらいて、
まだ見ぬ栄華、神々しい光が垣間見えた。

 

Hélas! Hélas! triste réveil des songes,
Je t'appelle,ô nuit,rends-mois tes mensonges,
Reviens,reviens radieuse,
Reviens,ô nuit mystérieuse!
あぁ、夢からの哀しい目醒め、
僕はお前に呼掛けよう、夜よ!お前がみせた幻を返しておくれ。
もう一度戻ってきておくれ、輝きよ、
神秘の夜よ!