Epistula ad mē

美というものは、芸術と人間の霊魂の問題である

『わが慕いし星(Bel Astre que j'adore)』


Noël ancien - Bel Astre que j'adore

季節外れであるが今日はキャロルを紹介する。
ユスターシュ・デュ・コロワ(Eustache du Caurroy)作曲の聖歌。直訳は「私が愛する綺麗な星」であるが、『わが慕いし星』は名訳だと思う。デュ・コロワは後期ルネサンス時代、フランス王室御付きの作曲家であった。
彼が1606年に作曲した「死者のためのミサ曲(Missa pro defunctis)」は有名で、これはフランス国王の葬儀で演奏される公式のレクイエムであったように、彼はそれなりの評価を得ていたようだ。

 

Bel astre que j'adore,
わが慕いし星よ、

Soleil qui luit pour moi,
私を照らす太陽よ、

C'est toi seul que j'implore,
私が切に望むのはあなただけ、

Je veux n'aimer que toi.
あなた以外に何を求めよう。

C'est ma plus chère envie,
それは私の深く望むところ、

Seigneur, en ce beau jour,
我が主よ、この美しい日に、

Où je ne dois la vie,
わが身を捧げ奉ろう、

Qu'à ton immense amour.
あなたの偉大な愛へと。