Epistula ad mē

美というものは、芸術と人間の霊魂の問題である

三島由紀夫『夜会服』1966-1967

 嫁姑物語。貴族趣味的な小説。1966年から1967年にかけて女性雑誌『マドモアゼル』上に連載。
 1966年といえば、三島は既に『豊饒の海』の執筆に取り掛かっている頃だ。そんな時期にこれほどに軽快な娯楽小説を書く三島は、本物の職業作家だったのだと思う。作曲家でいえばモーツァルトみたいな。