Epistula ad mē

美というものは、芸術と人間の霊魂の問題である

アントン・ウェーベルン『弦楽四重奏のための緩徐楽章』

www.youtube.com

シェーンベルクと同列に語られ、前衛のイメージが強いアントン・フォン・ウェーベルン(Anton von Webern、彼は貴族の出)であるが、この「緩徐楽章」は彼が十二音技法を用いる前、1905年の作品。ブラームスの弦楽曲の影響を感じさせる厳かで甘美なメロディーが美しい。これ程に重厚な曲を書け、又彼は熱心なカトリックであったウェーベルンがなぜ無秩序な音楽を志向したのか判らぬ。