Epistula ad mē

美というものは、芸術と人間の霊魂の問題である

オペラ『カルメン』から「トゥーレの王」

www.youtube.com

 「トゥーレの王」は『カルメン』第3幕第6場にあるソプラノのバラード。マルガレーテが祭りで出会ったファウストを想いながら歌う。寂し気だが美しい童謡。

Il était un roi de Thulé
トゥーレの王は、
Qui, jusqu'à la tombe fidèle,
死ぬ時まで誠実な方で、
Eut(had), en souvenir de sa belle,
妃の形見として、
Une coupe en or ciselé(vessel)! 
金の彫刻がある杯を持っていた。

(Il avait-bonne grâce, à ce qu'il m'a semblé.)
あの方はとても高貴な方。そう見えたわ。

Nul trésor n'avait tant de charmes! ×2
他のどんな宝物にも、これほどの魅力はなかった!
Dans les grands jours il s'en servait,
王は大切な日にこれを使い、
Et chaque fois qu'il y buvait,
そして杯に口をつけるたび、
Ses yeux se remplissaient de larmes!
王の目には涙が溢れた!

 

Quand il sentit venir la mort,
王が死期を悟った頃、
Etendu sur sa froide couche,
冷たいベッドに横たわる王は、
Pour la porter jusqu'à sa bouche
口まで杯を運ぶのに、
Sa main fit un suprème effort! 
大変な苦労をされた。

(Je ne savais que dire, et j'ai rougi d'abord.)
何といえばよいか分からなくて、私は顔を赤くしていたのよ。

Et puis, en l'honneur de sa dame, ×2
妃の名誉を想い、
Il but une dernière fois;
王は最後の杯を空けた。
La coupe trembla dans ses doigts,
杯を指のなかで震わせながら、
Et doucement il rendit l'âme!
静かに王は息を引き取った。