Epistula ad mē

美というものは、芸術と人間の霊魂の問題である

ブリテン『キャロルの祭典』より"This little babe"

 

 E.B.Britten Op.28-6 "This little babe"

 先日扱った"Balulalow"と同じく、ブリテン『キャロルの祭典』の一曲である。
 地獄を想像させる暗いアプローチが印象的。その激しいポリリズム的な音楽はイエスとサタンの闘いを描き、我々に対しアンガージュマンを呼びかけている様である。歌詞は16世紀イングランドの聖職者ロバート・サウスウェルの詩"New Heaven, New War"(1595)から。後半4つのスタンツァにブリテンが曲を付けた。

 

【対訳】

This little Babe so few days old,
この産まれて間もない幼子は
Is come to rifle Satan’s fold,
サタンを討つために来た
All hell doth at his presence quake,
彼の存在に地獄は怯え震えるが
Though he himself for cold do shake,
彼自身も寒さゆえに震えている
For in his weak unarmed wise
武器は持たぬがその知を以て
The gates of hell he will surprise.
彼は地獄の門を叩く

With tears he fights and wins the field,
彼は涙によって闘いを制する
His naked breast stands for a shield;
一糸まとわぬ胸は盾となる
His battering shot are babish cries,
大砲の響きは彼の泣き声
His arrows looks of weeping eyes,
彼の矢は濡れたまなざし
His martial ensigns Cold and Need,
彼の軍旗は寒さと飢え
and feeble Flesh his warrior’s steed.
そしてか弱い体が彼の軍馬となる

His camp is pitched in a stall,
彼は馬屋に陣を張る
His bulwark but a broken wall;
彼の砦は破れた壁でしかない
The crib his trench, haystalks his stakes;
飼葉桶を塹壕、干し草を杭とし、
Of shepherds he his muster makes;
羊飼いたちを招集して
And thus, as sure his foe to wound,
限りなく敵を痛めつける
The angels’ trumps alarum sound.
天使のラッパが鳴り響く

My soul, with Christ join thou in fight;
私の魂よ、キリストの戦いに加われ、
Sticks to the tents that he hath pight.
彼の天幕を守り抜け、
Within his crib is surest ward;
飼葉桶が堅固な壁となり、
This little Babe will be thy guard.
幼子がお前の守りとなる。
If thou wilt foil thy foes with joy,
お前が喜びと共に敵を挫く限り
then flit not from this heavenly Boy.
天の幼子からはぐれることはない

                   

3/26追記

初期近代英語をみる2; New heaven, new warre - Epistula ad me