Epistula ad mē

美というものは、芸術と人間の霊魂の問題である

Political Science

中江兆民「外交論」1888

1888年8月26日と28日『東雲新聞』に寄稿。 日本の外交方針として、ロシア帝国、英国、ドイツ帝国、アメリカいずれかの強国との軍事同盟を目指すのではなく、パワーポリティクスから距離を置いた「道義外交論」を展開する。兆民曰く「貧弱の国を以て他の強大…

中江兆民「土著兵論」1888

「土著兵論(どちゃくへいろん)」と称された民兵制の導入を説く議論。1888年5月16日から18日に渡り自由民権派の『東雲新聞』上に掲載された。兆民が常日頃から主張していた「平民主義(人民の権利の平等)」と「経済主義(経済合理性の追求)」。これらに軍制を合…

中江兆民「論外交(外交を論ず)」1882

兆民は朝鮮に於ける壬午軍乱(1882年7月)に触発され「論外交」を書く。本文は1882年8月12日、15日、17日の3日間に渡り、自由党の党機関紙『自由新聞』上に掲載。明治政府の「富国強兵」策の矛盾を「経済」と「道徳」の観点から指摘し、小国が独立を保つ術とし…

石橋湛山について

石橋湛山について戦前はジャーナリスト。戦後政治家に転身。国民からは鳩山や岸と並んで「反吉田派」と受け止められた。首相を務める。 石橋の「対米自主論」について米国に依存することを盲目的に受容れる日本人に対しての批判的視座。個人主義や自由主義を…