Epistula ad mē

美というものは、芸術と人間の霊魂の問題である

2020-10-22から1日間の記事一覧

『男と女(Un homme et une femme)』1966

フランス映画って洒落てる。 クロード・ルルーシュ(Claude Lelouch)監督作。カイネ・デュ・シネマ誌から冷遇を受け、長いこと日の目をみなかったルルーシュが、その実力、美学を世界に知らしめた作品。1966年のカンヌ国際映画祭でパルム・ドール。 それぞれ…

『昼顔(Belle de jour)』1967

『アンダルシアの犬』で有名なルイス・ブニュエル(Luis Buñuel)監督作。彼らしく、どこか浮世離れした背徳的仕上がりとなっている。1967年金獅子賞。 カトリーヌ・ドブーヌ(Catherine Deneuve)が、マゾヒスティックな欲求を持つ貞淑な妻を演じる。彼女は夫を…